仕事を辞める手続き1

仕事を3月31日付けで辞めたことは、今までのエントリーで書いてきました。ここのエントリーでは、辞めるにあたっての手続き面などのお話しをしたいと思います。仕事を辞める予定の方のご参考になれば。

まずは、仕事を辞めることを決めたのは、去年の12月頃、この頃から、転職活動含めて考えるために、難病があるので、難病支援センターの就労支援担当の方とお話しをはじめ、また難病支援センター就労支援担当の方経由で、ハローワークの難病担当の人へとつないでもらいました。

具体的に職場に辞める旨を伝えたのは、今年の1月になってから。辞める方向で考えている旨を伝えていましたが、具体的な手続きには移行していませんでした。あ、人事の方には、もし辞めるとなったときには、いつまでに、何の手続きが必要かは聞いていました。

課長や副課長、係長を交えて、正式に辞める旨をお話ししたのは、2月10日頃、そして、手続きに必要な書類(退職願)を送ってもらい、2月13日に正式に課長に提出しました。(このあたり、会社等の就業規則をきちんと確認してください。うちのところの場合は、1ヶ月前までに退職願を提出すること、とあったため、この期日で提出していますが、就業規則によってはもっと前の必要があることがあります。)


平行して、健康保険は職場の保険を継続(任意継続と言いまして、職場の厚生なり共済なりの保険に一定期間以上加入していた場合、2年間までは、いままでの保険を継続できます。ただし、勤務しているときは労使折半といいまして、負担は1/2なのですが、任意継続では保険料は全額自己負担になります。ざっくりの金額がどれくらいになるか、健康保険組合に聞けば教えてもらえると思います。)するか、国民健康保険にするかを考えるために、市役所の保険年金課に、保険料がどれくらいになるか聞きに行きました。保険料は前年所得に応じて決まるのですが、2月頃だとまだ役所に前年所得の情報が来ていないので、正式に算定できないため、参考資料として、前年所得の源泉徴収票を持って行きました。前年所得の源泉徴収票があれば、そこそこ正確に算定できます。おすすめです。

で、結果、前年所得が少なかった(休んでいる期間が長く、無給休職の期間が長かった)ため、計算すると、国民健康保険の方が、職場の健康保険の任意継続よりも、月1万円ほど安くなる計算だったため、国民健康保険に加入することにしました。で、手続きの方法とかを聞いていました。


退職願を提出してからは、その後、部長や人事の方で承認された後、手続きとなりました。まずは、労働組合がある会社だったのですが、労働組合の脱退手続きや、慶弔金(退職でも対象)や余剰金の振込先の登録などがありました。そして、退職金も幸いに、少しですが出るとのことで、その振込先や、また源泉徴収するための税務関係の書類を書きました。


さらには、退職手続きに伴って必要な各種書類を書くほか、説明などを受けました。

3月1日以降は、退職1ヶ月前となるため、手続きも本格化し、保険組合の関係の書類(職場の医療保険の脱退手続きや、退職祝い(おめでたくはないですが、私のパターンの場合)金の請求、その他の手続きをしていました。

長くなってきたので、エントリーを分けたいと思います。